スカイマークを使って、沖縄へ格安旅行しよう

gatag-00008473

スカイマークでは色々なお得なキャンペーンをしていて、期間内であれば格安で航空券を購入することができます。

私が住んでいる福岡から那覇へ向かう場合、「いま得」を使えばなんと福岡-那覇間の航空券が5,000円前後でゲットできます。

大手の航空券の料金の3分の1で沖縄に行けてしまうなんて素晴らしいですよね。

「いま得」はキャンセルが原則不可能ですから、一度決めたら絶対に行く根性で沖縄に上陸して欲しいです。

福岡から沖縄への便で一番早い時間だと福岡を8:00に離陸し、那覇空港に9:45に到着する便があります。

これに乗れば早めにランチを食べて、あとは沖縄での時間を十分に楽しむことができるのでおすすめです。

沖縄に1泊して、翌日那覇空港を19:15に離陸し、福岡には21:00に帰ってくれば、土日を利用して沖縄旅行を楽しむことができるので有意義な週末を過ごすことができます。

このスカイマークを利用した私のプランはとてもおすすめだと思っていたのですが、最近スカイマークでは「1 Day Trip 沖縄」というキャンペーンを始めました。

これは羽田空港を利用する人ではないとできないキャンペーンなのです。

Skymarkでは2016年7月2日から10月2日までの間、羽田-那覇間で深夜便を運行します。

那覇空港には5:30に到着するので、そこから一日を思いっきり使って沖縄旅行をエンジョイできます。

こちらのキャンペーンでおすすめしているプランは1 day tripで沖縄の離島まで行ってしまおうというものです。

那覇から高速船クイーンざまみに乗って約1時間で昔のままの美しい砂浜が残る座間味島へ行き、レンタカーやレンタサイクルで離島ののんびりとした時間を味わいましょうと勧めています。

さらにアクティブに過ごしたいのであればどこまでも青く輝く海でシュノーケリングを楽しんだり、高月山展望台で座間味島の集落を眺めたり、神の浜展望台で、遠く阿嘉島や嘉比島を臨んでみたりするのも良いです。

ちょっと一休みしたい時は座間味の集落にあるスーパーやカフェで喉を潤したり、美味しいものをいただくのも素敵です。

沖縄でしか味わえない時間を1 day tipで体験できるなんて、スカイマークが考えそうなとても素晴らしいプランだと思いました。

沖縄に旅行というと最低でも1泊しないともったいないと思いがちですが、 国内飛行機 格安航空券で羽田利用の場合でしたら、こういう日帰りプランが実現できるんですね。

忙しいとなかなか長期で休みが取れないので羨ましいです。今度はぜひ福岡発のプランをお願いしたいです。

投稿日:

2009年から福岡にも就航!

スカイマークは国内で一番古いLCC航空で、2015年に民事再生法の手続きを申請し、現在は再スタートを切ったばかりで大変注目を浴びています。

旅行には何かとお金がかかるものですが、スカイマークでは他者が真似できないお得な料金プランを提供してくれているので、今まで飛行機の利用は大手のみという方たちも、スカイマークを一度利用してみるとその良さに気がつき、リピートしてしまう人が多いです。

航行地域は札幌、茨城、東京(羽田)、名古屋、神戸、福岡、長崎、鹿児島、那覇の9都市で、福岡空港では2009年から就航しています。

福岡空港へのアクセスは天神からだと地下鉄で約11分ととても近くて良いです。

福岡はビジネスでも観光でも全国から多くの人が訪れる街ですから、多くの人がこの地を訪れるわけですが、やはり移動手段はシンプルでも良いと思われるのであれば、スカイマークを利用した方がお得と言えます。

よくLCCのチェックインカウンターはわかりにくいと言われますが、福岡空港のスカイマークのチェックインカウンターは第3ターミナルの1階で、地下鉄を降りたらエスカレーターで3階に上がってすぐ目の前に見えるので迷うことはないでしょう。

Skymarkではシンプルなサービスが売りです。

例えば機内サービスは毛布の貸し出しや飴、おしぼりはありますが、基本的にソフトドリンクは購入になります。

コーヒー、お茶、ジュースなどの飲料はすべて100円、アルコールの場合はすべて300円となります。

アルコール類はキリンの生絞りや神戸ワインがあり、おつまみもつくのでお得です。

大手の航空会社に比べて劣るように思われる方もいらっしゃいますが、フライト時間が短いのでこれで十分と思われる方が大半です。

その他にもスカイマーク特製キーホルダーや、プレーンモデル、マグネットなども購入できますから、旅の記念に買って帰るのも良いでしょう。

スカイマークは1996年に当時のHIS社長澤田秀雄氏らの出資によって誕生した会社です。

コーポレートカラーはブルーとイエローで、社名の由来は「公正な空への出発点」です。

既存の大手航空会社に真っ向から挑み、シンプルなサービスと他者が追随できない格安の航空運賃で瞬く間に「空の革命者」のような存在になりました。

一時期経営危機に陥りましたが、あらゆる方法を生み出して更なる飛躍をしてくれそうな会社です。

投稿日:

福岡から茨城や羽田を結ぶ便利なスカイマーク

福岡と言えば太宰府天満宮や天神エリアでのグルメ、ショッピングなど面白いところが沢山あります。

しかし関東に住んでいる方にとって福岡はとても遠くて、観光でもビジネスでもちょっと躊躇してしまうかもしれません。

そこでおすすめなのがスカイマークの利用です。

スカイマークは関東だと東京の羽田空港と、茨城の茨城空港の2箇所から福岡へ就航しています。

そのうちおすすめなのが茨城空港です。

都内から茨城へは約2時間で行くことができますから、時間に余裕があれば、茨城-福岡間のフライトを楽しんでいただきたいです。

実際、茨城空港では九州を楽しむプランとしてスカイマークの茨城-福岡線を紹介しています。

茨城-福岡間で使用されている機体はB737-800(177人乗り)です。

毎日運行しており、繁忙期でなければ福岡まで1万円以下で行くことができます。

所用時間は95〜125分です。B737-800はネクストジェネレーションシリーズと呼ばれ、B737と外観はほぼ同じですが、B777の技術が多く採られたハイテク機ですから、安心してフライトを楽しむことができます。

他の会社に比べるとシートの擦れなど気になる部分はありますが、安全第一をモットーにしている会社ですから、運行には不安を抱くことはないでしょう。

スカイマークの売りと言えば何と言っても格安航空券でしょう。

搭乗3日前あるいは前日までの予約可能な「いま得」、搭乗7日前まで予約可能、変更可能な前割7、搭乗3日前まで予約可能、変更可能な前割3、搭乗1日前まで予約可能、変更可能な前割1、45日前まで予約可能なSKYバーゲン45、21日前まで予約可能なSKYバーゲン21、一定期間で特定区間がバーゲン価格になるSKYセールなど、お得なキャンペーン運賃があります。

もし搭乗者が12歳以上、22歳未満であれば、U21直前割、満60歳以上の方であれば利用できるシニアメイトなどもあり大変お得な価格でスカイマークを利用することができますので、該当する方はぜひチェックしてみてください。

スカイマークは先日タイガースジェットというタイガースのロゴやマスコットを描いた特別機を飛ばし始めました。

タイガースファン垂涎の「バックスクリーン3連発」を利用したルートの飛行をして、面白い企画の特別機で、搭乗した方々はみなさん満足されていました。

これからもスカイマークの面白い企画に目が離せません。

投稿日:

「いま得」を使って気軽に福岡旅行がおすすめ

ソフトバンクホークスの拠点である福岡は賑やかな繁華街天神や、学問の神様が祀られている太宰府天満宮など、見所が多いところです。

また九州地区の拠点として多くの企業が支社や支店をおいているところでもあります。

ですからこちらにビジネスや観光で訪れる人が毎日沢山いらっしゃいます。

もし福岡へ観光目的で訪れようと思っているのであれば、スカイマークの運賃を早めにチェックしてうまく利用することをおすすめします。

スカイマークでは羽田空港から福岡空港へ毎日11便が就航していますから大変便利です。

実は私も先日スカイマークを利用して、福岡へ遊びに行ってきました。

羽田を6:20に出発して、福岡には8:15に到着したので、福岡でのんびり優雅にモーニングを楽しみましたよ。

私が購入したチケットは「SKYバーゲン45」で、福岡まで片道9,000円でした。

普通運賃だと2万円以上するので大変お得だと思います。

私は日帰りで福岡に行きましたが、スカイマークのウェブサイトでは、ホテルも同時に予約できますから、利用してみると良いでしょう。

福岡は夜は屋台めぐりで現地の人との会話を楽しめますし、日中は天神で思いっきりショッピングを楽しめるので、何をするのも楽しい所だと思います。

スカイマークの料金でおすすめなのが「いま得」です。空席状況に応じて運賃が変わるシステムで、「あ、どこかに行きたい!」と思ったらすぐにスカイマークのウェブサイトをチェックしてください。

大体2ヶ月先まで予約が可能で、例えば福岡-那覇間が4,600円から、羽田-千歳間が5,500円から利用することができます。

「いま得」は3日前や前日まで購入が可能ですから、私は急に明日予定が無くなったからどこかに行こうと思った時、スカイマークの「いま得」を検索して最安値の運賃を見つけて行き先を決めるようにしています。

毎日忙しいとあんまり計画をたてたりすることは難しいではないですか。

私もそうでしたから、今はスカイマークで「今どこの航空券が購入できるか」をチェックするようにしてお得に旅行を楽しんでいます。

気をつけなければならないのが、「いま得」は予約のキャンセルや変更ができないということです。

販売座席数に限りがありますからリスクがあるのは当然のことです。

ただし搭乗当日の出発空港で、同日内の便に空席がある場合は予約便出発時刻前であれば普通運賃との差額を支払えば変更可能だそうです。

リスクがあることを念頭において賢く利用してみてください。

投稿日:

福岡から北海道は遠い?スカイマークなら新千歳空港へ簡単に行けます

私にとって一番の楽しみは北海道に旅行に行くことです。

ニセコでスキーやドライブを楽しんだり、美瑛で美味しいものを食べたり、富良野でラベンダー畑を眺めたり等、北海道に行くと毎日の煩わしいことがすべて消えて行くような気がします。

数ヶ月に1度の割合で、会社に3日間くらいお休みをもらって、北海道旅行に出かけていました。

そんな時すごく助かるのが格安航空会社です。

ジェットスターやピーチなど色々ありますが、私はスカイマークが大好きです。

なぜならお得な料金プランが色々あるので、その時に合わせて最安値の運賃で北海道に行けるからです。

福岡と新千歳間のフライトは毎日1便のみしかありません。

ですから日程調整が非常に重要となってきます。13:15福岡発のフライトで、新千歳空港に16:10に到着します。

こうなると初日はほぼ移動に費やすことになります。

初日の楽しみは北海道での美味しい夕飯かなと思っています。

帰りの便は新千歳空港を10:40に離陸し、福岡には13:15に到着します。

翌日は会社に出勤なので、お昼過ぎには福岡に到着してくれるので大変助かっています。

料金は普通運賃で26,000円くらいです。

でも私は前述したようにスカイマークの運賃は常にチェックしていて、お得なプランを利用しているので、正規の運賃で利用したことはありません。

「いま得」や「SKYバーゲン」などを利用してできるだけ安い航空券をゲットしています。

一番最近北海道に行った時は札幌で遊んだのですけど、その時の航空券は「SKYバーゲン」を使って9,000円でした。

往復で18,000円ですから、福岡から東京までの新幹線代が2万円を超えることを思うとすごく割安だなと思いました。

北海道でのアクティビティは1年を通して色々楽しめます。

カヤックやラフティングをして川遊びを楽しんだり、私は動物が大好きなので、札幌市の円山公園で夜の動物園を楽しんだり、ノーザンホースパークでサラブレッドを間近に観察したりなど紹介していたらキリがないくらいです。

もちろん北海道の食べ物はラーメンやお寿司などうまいものと、母も北海道が大好きで、先日母は友人と北海道に旅行に行って体重が2kgも太って帰ってきたほどです。

食べ過ぎには注意しなければなりませんが、それほど北海道は魅力的なところだと思います。

今スカイマークでは羽田発限定ですが、期間限定で新千歳行きの深夜便を飛ばしていて、北海道に早朝到着するプランを発表しています。

新千歳に8:20に到着しますから、日帰りで北海道を満喫できます。東京の方はぜひご利用なさってください。

投稿日: